上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

永らくお待たせしました!
本業がバタバタしており、検証が進められなかったのですが、
ようやくPRADA Phone L-02Dの恒久的root化ができました!
※以下、自己責任において実行してください。
 文鎮化等端末の異常状態に関しては当方では責任を持ちません。
 また、文鎮化の結果、ショップ等への持ち込みによる迷惑行為はご遠慮ください。
 ご心配な方はここから先へ進まないようにしてください。

PRADA Phone L-02Dをroot化してみた
の続きから始めます。

ここでもL-01Dと同様のスクリプトが必要になりますが、
install-recovery.shはinit.rdで実行されませんので、
別のものに組み込みます。
init.rdの最後で実行されるhdcp.shに組み込んで行きます。
hdcp.shは/systemの下にありますので、以下のコマンドで
/systemをRW属性に変更します。

$ /data/local/bin/busybox mount -o rw,remount ¥
 /dev/block/platform/mmci-omap-hs.1/by-name/system /system



元のhdcp.sh

# hdcp.sh
#
# sungho.jung@lge.com, jh.koo@lge.com , kibum.lee@lge.com
#
# HDCP sh file

#!/system/bin/sh
if ls /data/mhl/key.bin ; then
echo "alreay exist" > /data/mhl.log
# if ls /data/mhl/hdcp_on ; then
/system/xbin/hdcp-test 4 /data/mhl/key.bin >> /data/mhl.log
echo "hdcp on step 1" >> /data/mhl.log
/system/xbin/hdcp-test 1 /data/en_hdcp.bin 3 >> /data/mhl.log
echo "hdcp on step 2" >> /data/mhl.log
# else
# echo "hdcp off" >> /data/mhl.log
# rm /data/mhl/key.bin /data/en_hdcp.bin
# fi
else
if ls /data/en_hdcp.bin ; then
rm /data/en_hdcp.bin
fi
echo "not exist" > /data/mhl.log
fi



変更後のhdcp.sh

# hdcp.sh
#
# sungho.jung@lge.com, jh.koo@lge.com , kibum.lee@lge.com
#
# HDCP sh file

#!/system/bin/sh
if ls /data/mhl/key.bin ; then
echo "alreay exist" > /data/mhl.log
# if ls /data/mhl/hdcp_on ; then
/system/xbin/hdcp-test 4 /data/mhl/key.bin >> /data/mhl.log
echo "hdcp on step 1" >> /data/mhl.log
/system/xbin/hdcp-test 1 /data/en_hdcp.bin 3 >> /data/mhl.log
echo "hdcp on step 2" >> /data/mhl.log
# else
# echo "hdcp off" >> /data/mhl.log
# rm /data/mhl/key.bin /data/en_hdcp.bin
# fi
else
if ls /data/en_hdcp.bin ; then
rm /data/en_hdcp.bin
fi
echo "not exist" > /data/mhl.log
fi

/data/local/bin/busybox mount -o rw,remount /dev/block/platform/mmci-omap-hs.1/by-name/system /system
/data/local/bin/busybox cp /data/local/bin/busybox /system/xbin/busybox
/data/local/bin/busybox cp /data/local/bin/su /system/xbin/su
chown root.shell /system/xbin/su
chmod 4755 /system/xbin/su
chown root.shell /system/xbin/busybox
chmod 755 /system/xbin/busybox
busybox mount -o ro,remount /dev/block/platform/mmci-omap-hs.1/by-name/system /system


青字斜体の部分を追加します。
これにより再起動を行ってもroot化処理が実施されるため、
再起動を実施した後でも紐無しでroot化状態になっています。
前回のブログで課題として残っていたバイブレータに関しても
再起動後から動作するようになります。

これでようやくL-02Dのroot化作業完了です!
永らくお待たせしてすいませんでした。
スポンサーサイト
2012.08.23 Thu l Android l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.10.15 Tue l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cbrmovistar.blog137.fc2.com/tb.php/9-61efb976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。