上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今回はAndroid APKを分解してソースに戻していきたいと思います。
開発しているとソースを改変しすぎて元に戻れなくなってしまうことがありますよね!
そんなときAPKがあればある程度ロールバックができたら便利だなぁと思います。
最終的にはjarからjavaに変換するので戻らない部分もありますが、
ソースを確認するレベルでは問題ないかと。
それでは分解していきましょう。

まずはじめに、APKの内容を展開できるようにします。
これは非常に簡単で、APKの拡張子をZIPに変更し、ZIPを解凍するだけです。

ここまできたらツールが必要になりますので、準備をしていきます。

(1)dexファイルをjarファイルに変換するツール
dex2jar

(2)jarファイルをjavaファイルに変換するツール
Java Decompiler

(3)バイナリXMLのテキスト化
android4me

上記のツールをダウンロードしたら早速各モジュールを読めるようにしていきます。

ソース編:
(1)dexファイルをjarファイルに変換する
→dex2jarを利用し変換いきます。

(2)Java Decompilerを利用してJAVAファイルを生成する
→エディタライクにJAVAファイルが閲覧でき、上部メニューの「ファイル」→「ファイルとして保存する」にて
 ファイル化ができます。
 この際、Androidの標準ライブラリは変換できませんので要注意です。
 また、一部変換できない部分はバイトコードのまま残り、参考となる解釈が付与されます。

XML編:
XMLをandroid4meに渡すことで読めるようになります。
コマンドは以下の通りです。

java -jar AXMLPrinter2.jar res/layout/main.xml



ファイル化は、

java -jar AXMLPrinter2.jar res/layout/main.xml > _main.xml


これをバッチ化しておくと楽になりますね。

以上でAPKの中身が確認できるようになったかと思います。
くれぐれも悪用はしないように!
スポンサーサイト
2012.04.12 Thu l Android l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cbrmovistar.blog137.fc2.com/tb.php/8-3f878a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。