上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

五月雨で投下していますが、これでAndroid関係の基本的な開発環境が整備できるはずです。

今回はAndroid NDKの導入になります。
Android NDKはCPUはARM系に限定されるもののC/C++言語にて開発ができるため、
高処理負荷になりやすいライブラリを導入する際に効果的な開発環境です。
単純なメモリコピーだけでも3倍、ビデオやオーディオなどのこーデックであれば
それ以上に高速化されます。
また、C/C++言語を使用できますので、iPhoneとの親和性も高くなりますので、
覚えておくと良いことがいっぱいあります。
ただし、メモリ管理に関してはこれまでのWEB系言語と異なりかなり厳しくなります。
C/C++言語はメモリ管理をプログラム側で実施しなければなりませんので、
GCの動作を期待するコーディングはできません。
また、変数の型定義などもかなり厳密に定義されますので、自由度が下がりますので、
上手く使い分けてください。

Android NDKの導入は簡単です。
・Android NDKをダウンロードする
http://developer.android.com/sdk/ndk/index.html
↑からWindows版をダウンロードしてください。

・ZIPファイルを展開する
「android-ndk-r7b-windows」というフォルダに解凍されますので、「android-ndk」に
リネームしておきます。

・Pathを通します
「コンピューター」を右クリックして「プロパティ」から
WindowsXPの場合:「詳細設定」のタブ
Windows7の場合:「システムの詳細設定」→開いた「システムのプロパティ」から「詳細設定」のタブ
をそれぞれ開きます。
「環境変数」をクリックし、「システム環境変数」のリスト内にある「Path」の項目を開いて、
一番最後に先ほどのZIPを解凍した先を指定します。
元々指定されていたPATH;c:\android-ndk
※セミコロン区切りなので気をつけてください。

Cygwinのコンソールを開いて以下のコマンドを実行してみてください。

ndk-build



Android NDK: Could not find application project directory !
Android NDK: Please define the NDK_PROJECT_PATH variable to point to it.
/cygdrive/e/android-ndk-r7b/build/core/build-local.mk:130: *** Android NDK: Aborting. Stop.


プロジェクトフォルダ以外ではエラーになりますので、これでOKです。

これでAndroid NDKの導入はできました。

スポンサーサイト
2012.03.29 Thu l Android l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cbrmovistar.blog137.fc2.com/tb.php/5-bcac9990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。