上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

またまたお久しぶりです。
アウトローな技術記事を書こうと思って研究をしているのですが、
なかなか難しいです。

今回は、Xcode4.5でサポート対象外となった旧バージョンiOSに
対応する方法をご紹介します。

設定はそんなに難しくはありません。
(1)Deployment targetの設定
(2)Valid Architecturesの設定
だけです。

ただし、「PROJECT」と「TARGETS」の2つで設定する必要が
ありますので、計4カ所の設定になります。

また、デバッグはiOS4.3以上が入っていないとXcodeがデバイスを
デバッグ端末として認識しないので、AdHocにてインストールして
デバッグすることになります。
よって、ホワイトボックステストができないのでデバッグに工夫が
必要になります。

早速設定方法に移ります。
まず、プロジェクトのプロパティ画面を表示します。
(1)Deployment targetの設定
a.「PROJECT」の設定
下図のように「PROJECT」の「Info」を開きます。
そこに赤枠を付けた「iOS Deployment Target」と言う項目が
あります。
右側のプルダウンを押すとXcodeで対応しているバージョンが
選択できるのですが、文字列をクリックするとキーボードから
入力できるようになります。
そこで図のように「4」と入力します。

img001.jpg




b.「TARGETS」の設定
こちらも「PROJECT」と同様に「TARGETS」を開き、「Summary」の
画面で「Deployment Target」に「4」と入力します。

img002.jpg




(2)Valid Architecturesの設定
この「Valid Architectures」で対象となるCPUのアーキテクチャを
設定します。
「Architecture」には、デフォルトで「armv7」、「armv7s」が
入っているのですが、「armv6」を追加します。
これで第2世代のiPod Touchで動作確認ができました。
※要注意※
「Architectures」の項目はデフォルトのままにしてください。
ビルドは通るのですが、「Organizer」で「Validate」をしたときに
エラーが出ます。



a.「PROJECT」の設定
下図のように、「Valid Architectures」に「armv6」を追加します。

img003.jpg




b.「TARGETS」の設定
下図のように、「Valid Architectures」に「armv6」を追加します。

img004.jpg




これで一通りの設定は終わりです。
デバッグは最初に書いた通りAdHocを使ってください。

「Organizer」から申請をして、ちゃんと公開されましたので
今のところ問題なさそうです。
まだまだiOS4系からアップデートしていない一般の
ユーザーも残ってますので、iOS4.3以降の新機能を
実装しなくても開発できるアプリはiOS4ユーザー対象に
してみてはいかがでしょうか。
ぜひお試しください。



スポンサーサイト
2012.10.19 Fri l iOS l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cbrmovistar.blog137.fc2.com/tb.php/10-644282fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。