上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

ようやく更新できました。
今回はMac上でEclipse日本語版を離床していきたいと思います。
Mac用EclipseとPleiadesを同じバージョンでダウンロードします。

Mac用:
http://www.eclipse.org/downloads/?osType=macosx

Pleiades:
http://mergedoc.sourceforge.jp/

本日現時点でIndigoになりますので、Indigoをベースにします。
せっかくなので日本語化だけではなくPleiadesのUltimateにインストールされている
プラグインも導入しましょう。

(1)必要なファイルをコピーする
・dropin
・plugins
Pleiadesの上記2フォルダの中身をMac用Eclipseにコピーします。

(2)eclipse.iniを編集します。
Pleiadesはeclipseフォルダの直下にあります。
Mac用はeclipseフォルダ内のeclipse.appを右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックし、
「Contents」→「MacOS」内にあります。

Pleiadesのeclipse.ini:

-startup
plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.2.0.v20110502.jar
--launcher.library
plugins/org.eclipse.equinox.launcher.win32.win32.x86_1.1.100.v20110502
-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
--launcher.XXMaxPermSize
256m
--launcher.defaultAction
openFile
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-Xms40m
-Xmx512m
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar



MAC版のeclipse.ini:

-startup
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.2.0.v20110502.jar
--launcher.library
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher.cocoa.macosx_1.1.101.v20120109-1504
-showsplash
org.eclipse.platform
--launcher.XXMaxPermSize
256m
--launcher.defaultAction
openFile
-vmargs
-Xms40m
-Xmx384m
-Xdock:icon=../Resources/Eclipse.icns
-XstartOnFirstThread
-Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts



合成すると・・・

-startup
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.2.0.v20110502.jar
--launcher.library
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher.cocoa.macosx_1.1.101.v20120109-1504
-showsplash
org.eclipse.platform
--launcher.XXMaxPermSize
256m
--launcher.defaultAction
openFile
-vmargs
-Xms40m
-Xmx384m
-Xdock:icon=../Resources/Eclipse.icns
-XstartOnFirstThread
-javaagent:../../../dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts



変更箇所を斜体ボールドにしておきました。
これでPleiadesがMac上で動作するはずです。
スポンサーサイト
2012.04.07 Sat l プログラミング講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

Android開発環境を整備していきましょう。
前回はCygwinを導入しましたので、本命のEclipseを入れていきます。

大まかな流れは以下の通りです。
(1)Android SDKの導入
(2)Eclipseの導入
(3)EclipseにAndroid SDKを導入

それでは具体的にやっていきましょう。

(1)Android SDKの導入
・Android SDKをダウンロードします
http://developer.android.com/sdk/index.html
↑からWindows版SDKをダウンロードしてください。
私はEXEからのインストールをやったことがないので、ZIP版で説明を続けます。
(ZIP版をダウンロードしてみてください)

・ZIPを展開する
Cドライブ直下にZIPを展開していきます。
「android-sdk-windows」というディレクトリができます。
ここではパスが長くなるので「android-sdk」にリネームしておきます。

・PATHを通す
「コンピューター」を右クリックして「プロパティ」から
WindowsXPの場合:「詳細設定」のタブ
Windows7の場合:「システムの詳細設定」→開いた「システムのプロパティ」から「詳細設定」のタブ
をそれぞれ開きます。
「環境変数」をクリックし、「システム環境変数」のリスト内にある「Path」の項目を開いて、
一番最後に先ほどのZIPを解凍した先を指定します。

元々指定されていたPATH;c:\android-sdk
※セミコロン区切りなので気をつけてください。


これでAndroid SDKの導入はできました。

(2)Eclipseの導入
・JREの導入
http://java.com/ja/download/
↑から最新のJAVAをダウンロードして、インストールします。

・日本語版Eclipseのダウンロード
http://mergedoc.sourceforge.jp/
↑から「Eclipse 3.7 Indigo Pleiades All in One」をクリックし、
「Ultimate JREなし」ダウンロードします。
※今後NDKなどJAVA以外の言語の開発をEclipseで容易に行えるように
あえて様々なプラグインが入っているものを選んでいます。

・Eclipseの導入
ZIPファイルを展開し、「Eclipse」フォルダをCドライブ直下などに配置します。

・デスクトップなどにEclipseのショートカットを作る
「Eclipse」ディレクトリ内の「eclipse.exe」のショートカットを作成して
デスクトップなどに配置します。

これでEclipseの導入は完了です。

(3)EclipseにAndroid SDKを導入
・Eclipseを起動し、ADKをインストールする
Eclipse上部のメニューの「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」に
「作業」に以下のURLを入れます。

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/


表示されたパッケージを全て導入しておきます。
※かなり時間がかかります。

・Android SDKを完成させる
Eclipseのツールバーにあるドロイド君をクリックして「Android SDK and AVD Manager」を起動します。
「Available Packages」の項目に行き、ここでも全てをインストールします。

・ADKにSDKを設定する
Eclipse上部のメニューの「ウィンドウ」→「設定」を開き、「Android」の項目を選択します。
SDKロケーションに「c:\android-sdk」を指定します。
すると、「Android SDK and AVD Manager」でインストールしたバージョン情報が表示されます。

これでJAVAによるAndroidの開発環境が構築できるはずです。

2012.03.29 Thu l プログラミング講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ようやくブログを書き始めてみたいと思います。
まずは、開発環境の整備から。
手始めにCygwin環境を準備してtarやbzip2などLinux系のソースなども持ってこれるようにしておきましょう。

Cygwinの導入くらいググれば出て来ますが備忘録も含めて記事にしておきます。

(1)インストーラのダウンロード
以下のURLのサイトの左上付近の「Install Cygwin」からsetup.exeをダウンロードします。
http://www.cygwin.com/

(2)setup.exeを起動します。
cygwin_setup1.jpg
一気にインストールするので一番上を選んで、「次へ」

(3)Cygwinを有効にするユーザーを選択します。
cygwin_setup2.jpg
あとで他ユーザーにも利用可能にするのが面倒なので「All Users」を選択して、「次へ」

(4)一時的なインストールファイルの置き場所を指定します。
cygwin_setup3.jpg
日本語が入らないフォルダがお勧めです。

(5)インターネット接続環境の設定をします。
cygwin_setup4.jpg
通常の環境であれば「Direct Connection」を選択して、「次へ」

(6)Cygwinのダウンロードサーバーを選択します。
cygwin_setup5.jpg
ドメインを見て一番近そうなサーバーを選択します。
日本であれば、xxxx.jp系のサーバーを選択します。

(7)インストールするソフトウェアパッケージを選択します。
cygwin_setup6.jpg
一番上の「All」の左側の「Default」を1回クリックして「Install」にします。
パッケージ全体を「Install」に変更するため一瞬処理が止まったように見えますが、気長に待ちます。

「次へ」を押すとインストールが始まります。

(8)環境変数の設定

HOME /home/username
MAKE_MODE UNIX
SHELL /bin/bash
CYGWIN ntsec(NTFS)、nontsec(NTFS以外)



(9).bash_proficeの作成

if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc
fi

export SHELL=/bin/bash
export HOME=/home/[username]
export TMPDIR=/tmp
export TZ=JST-09
export MAKE_MODE=unix
export GNUMAKE=/usr/bin/make

PATH=$PATH:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:.:~/bin
PATH=/usr/local/bin:/usr/X11R6/bin:/usr/bin:/bin:$PATH
PAGER=less
JLESSCHARSET=japanese-sjis
export PATH PAGER JLESSCHARSET

PS1="$USERNAME:$HOSTNAME:\n\w$ "

if [ -n ${DISPLAY} ]; then
export DISPLAY=localhost:0.0
fi

if [ ! -n "${TERM}" ]; then
TERM=cygwin
fi

alias ls="ls -aFh --color=auto"
alias la="ls -aF"
alias ll="ls -l"


このファイルを/home/[username]配下に配置します。

これで一旦Cygwinの環境が構築できたはずです。
次回はAndroidの開発環境を構築していきたいと思います。
2012.03.27 Tue l プログラミング講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。